✐7月の作文テーマは、夏の風物詩の〇〇についてです✐



こんにちは、学習支援室です☆


ここ数日、新型コロナウイルスの感染状況が再び拡大傾向となり、松本市の感染警戒レベルも依然として高いままですね。
恐れすぎることもよくありませんが、換気や消毒、十分な距離を取ることができない状況で会話をする際のマスクの着用などの、基本事項に再度気をつけていきたいですね!

また、暑い日も増えてきて、本格的な夏の訪れを感じますね。
ほんの少し屋外を歩いているだけでも、汗をかく様な日も多くなりました。
熱中症にならないよう、水分と塩分、糖分等の補給もしっかりと行いたいですね!




S__5685267

今月の作文課題のテーマは、『お祭りの地域における役割』です✐

ここ数年は新型コロナウイルスの影響で、夏の風物詩の一つであるお祭りは中止となってしまっていましたが、
今年は以前と全く同じようにはいかないまでも、開催できるというものも複数あるようですね(*^_^*)
”松本ぼんぼん”も3年ぶりに開催できる予定となっており、楽しみにされている方も多いのではないかと思います。

そんなお祭りについて、今月の作文を通して考えてみましょう✐
お祭りは楽しいだけではなく、お祭りを行う地域にとっても大切な役割を担っているのではないでしょうか。
お祭りに遊びにいくという観点から考えるのもよし、お祭りの盆踊りに参加する側面から考えるのもよし、
お祭りを開催する側の立場に立って想像してみるのもよしです。
お祭りがあるとその地域にどんなよい影響があるのか、たくさん考えてみましょう✐

みなさんがどんな側面に着目して作文を書き上げてきてくれるのか、楽しみにしています☆







今週の塾生のみなさんは、、
先日、中学校に入学してから初めてのテストを終えた中一男子生徒は、
「思っていたよりも難しく感じた。」と小学生時代のテストとの難易度の違いにすこし驚いた様子です。
ですが、くんぞう先生とテストで感じたこと・足りなかった部分について話し合い、
自分の目標点を達成するためにやるべきことを考え、次回以降のテストへの対策を始めていました。

「思っていたよりも点数をとることができなかった」ということは、
自分のテスト勉強の中でまだ足りない部分があったり、
まだよりよくできる部分があったりするということです。

テストは、自分の勉強の仕方が自分に一番あっているものなのかを確かめる、絶好のチャンスだと考えてみてください。
勉強方法を試行錯誤して、自分にあったやり方でできて、テストで自分のとりたかった点数をとれたら、
勉強ってちょっと面白いかも、と思えるのではないでしょうか。
ぜひ一緒に、自分に最適な勉強方法を探していきましょう。

分からないことや不安なこと、愚痴りたいこと自慢したいことなどなど、なんでも話してきてくださいね(#^.^#)



支援室の無料体験も随時受け付けております。
夏期講習の受講生もまだ受け付けております☆
ぜひこちらのアドレスまでご連絡ください(^<^)



学習支援室長メールアドレス: kunzoh@well-life-shinsyu.jp



7月13日水曜日 学習支援室 セントラル・ビオス
#松本市 #学習塾
学習支援室長メールアドレス: kunzoh@well-life-shinsyu.jp