トピックス

2020.01.07スタッフ日記

「七草の節句」ですね(^_^)

こんにちは!1月7日の学習支援室です(^o^)
今日は日中少し雪がちらついたりと、寒さを感じましたねσ(^◇^;)
私のまわりでは、インフルエンザにかかる人がちらほらと増えてきています。
新年早々、きつい思いをしないためにも
体調管理をしっかりと行わなくてはならないですね!!



さて、今日1月7日は、「七草の節句」もしくは「人日の節句」と呼ばれる日です(^o^)
七草粥を食べ、1年間病気をせずに元気で過ごせるようにと願う日です!
「七草の節句」を聞いたことがある方は多いと思いますが、
「人日の節句」を聞いたことがある方は少ないのではないかと思います(^^)


「人日の節句」とは、五節句(桃の節句、笹の節句など)のうちの1つです!
古代の中国で行われていた占いの風習に由来します。


中国では昔、1月の元日から6日までの各日に、
動物を当てはめた占いが行われていました。
1月1日には鶏を占い、2日は犬を占う、
3日に羊、4日に猪(または豚)、5日に牛、6日に馬
そして、7日に人を占っていたため、1月7日を人日(人を占う日)としたそうです(^o^)



それぞれの日にあたっている動物は、その日だけは殺さないようにしていたそうです!
人日である7日は人を大切にしなければならないということから、
犯罪者の罪も無効になっていたとも言われているそうですσ(^◇^;)
日本では、平安時代に「人日の節句」の風習が伝わりました(^o^)



皆さんは、「春の七草」全て言えますか?!!(*^_^*)
「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」
ですよね(^o^)
それぞれの特徴を紹介したいと思います!!


まずは、「せり」です!
名前の由来は、競い合うように生えることから、
「(競争に)競り勝つ」という意味がかけられています!

次は「なずな」です!
よく公園で見かける「ペンペン草」のことです(^o^)
「なずな」には、「なでて汚れを取り除く」という意味があります!
食べる事によって、解熱や利尿作用の効能があるそうです。

「ごぎょう」です(^o^)
「ごぎょう」とは、「人形」の事で「仏のからだ」を表わし、縁起物とされています!

「はこべら」です!
「繁栄がはびこる」ことから、縁起物とされています!
腹痛や歯槽膿漏の薬にも使われているのだとか、、、(^^)/

「ほとけのざ」です!
葉が、仏様が座っているような座の形をしており、紫色の花が咲きます!
胃を健康にし、整腸作用があります(^o^)

「すずな」です!
「すずな」はカブのことです。
神を呼ぶ鈴に見立てられたことから「鈴菜」と書くこともあります。
消化を促進し、便秘解消の作用があります!

最後に「すずしろ」です(^^)/
「すずしろ」は大根の事です。
「汚れのなき潔白」を意味します!
風邪予防には最適です(^o^)


「春の七草」、いかがでしょうか!?
とても胃腸に優しいもの達が集まっていることが分かりますね(*^_^*)
私は、「すずしろ」が大根ということを知りませんでしたσ(^◇^;)


風邪や体調を壊しやすい季節ですので、
是非七草粥を食べて、今年1年の「無病息災」を祈りましょう(^o^)

もう学校が始まっている生徒さんや
明日から学校が始まる生徒さん達が沢山います!!
いよいよ締めくくりの3学期が始まりますね!
一緒に楽しく頑張りましょう(^_^)

page top