トピックス

2014.05.27スタッフ日記

ロコモティブシンドロームを予防しよう!


皆様こんにちは。
長野県松本市にあります、複合福祉施設「セントラル・ビオス」です。

隔月で行っている「出前講座」も12回を迎えました。

今回は「ロコモティブシンドロームを予防しよう」のテーマで、
松本市健康福祉課の健康運動指導士の方に、
ロコモを予防するためのお話と実技をしていただきました。

PICT0011.JPG

kako-YQqw8m76aoHorO0u.jpg

ところで、皆様。
ロコモティブシンドロームっておわかりですか?

運動器の障害(変形性膝関節症、変形性腰椎症など)のために、
要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態を
ロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言うのだそうです。

ロコモの人は予備軍も含めて推計4,700万人もおり、
今やロコモは国民病とも言えます。
そのため、正しく無理のない方法で筋肉を鍛えることが重要となってくるわけです。

今回は、自宅で簡単にできるストレッチを中心に教えていただきました。
参加された皆さんは日頃から健康に関心の高い方々でしたので、
和やかな雰囲気の中にも、真剣に取り組まれていました。

kako-A241AR3X4Ql8n73c.jpg

"転倒防止やトイレの自立など、高齢期において運動器の健康は非常に重要です。
ロコモ予防で、健康で自立した生活が送れる「健康寿命」を伸ばしましょう。"
(パンフレットより)

1310-01.gif


                                            (Y)


page top