介護認定について

現在の空室状況

住宅型残り
1
介護付残り
2

要介護認定までの手順

介護保険のサービスを利用するためには要介護(要支援)認定を受ける必要がります。

申請(松本市に住所をお持ちの方)

申請窓口は、市役所高齢福祉課及び各支所です。電話での申請も可能です。

  • 松本市役所高齢福祉課
    0263-34-3214(直通)
  • 四賀支所 市民福祉課
    0263-64-3111(支所代表番号)
  • 安曇支所 住民課保健センター
    0263-94-1100
  • 奈川支所 住民課
    0263-79-2121(支所代表番号)
  • 梓川支所 住民福祉課
    0263-78-3000(支所代表番号)
  • 波田支所 住民福祉課
    0263-92-8910(直通)

申請の際、以下の内容が高齢福祉課職員から以下の内容が質問されます。

  1. 申請者、対象者の住所、氏名、電話番号
  2. 介護が必要となった経緯、心身の状況、病名・ケガの内容
  3. 主治医
  4. 訪問調査を希望する日時

認定調査

高齢福祉課支所の訪問調査員が自宅、病院、施設等を訪問し、心身の状況調査をします。

※発病・受傷した直後は、病状が安定するまで、認定調査は行われません。状態が安定した段階で認定調査を行います。

主治医意見書

心身の状況について、医学的所見を記載した意見書を主治医より作成していただきます(高齢福祉課が主治医に依頼します)。

なお、申請者の費用負担はありません。

審査・判定

1次判定(コンピューター判定)

2次判定(介護認定審査会)
保健、福祉、医療の専門家により構成される審査会において、1次判定の結果と主治医意見書に基づき、要介護または要支援の区分を判定します。

認定

非該当(自立)
地域支援事業

市が行う介護予防サービスを利用可能な場合があります。

要支援1
要支援2
新予防給付

介護保険を利用した介護予防サービスをご利用される場合にはお住まいの地域を担当する地域包括支援センターに連絡してください。

要介護1
要介護2
要介護3
要介護4
要介護5
介護給付

介護保険を利用した介護サービスをご利用される場合のうち、在宅サービスをお考えの方は居宅介護支援事業者を決めて契約します。施設への入居を希望される場合は、直接申し込みます。

●認定の有効期限と手続き
  • 認定の有効期限は、新規及び、変更申請の場合6ヶ月、更新申請の場合は原則として12ヵ月です。(心身の安定状況を勘定して24ヵ月となる場合もあります。また、要支援1・2の方が要介護1〜5となったとき、要介護1〜5が要支援1・2となった場合も有効期間は6ヵ月となります。)
  • 更新手続きは有効期間満了の60日前から受け付けています。(高齢福祉課からご連絡があります)
●要介護認定変更申請
  • 有効期間の中途で心身の状態が変わった場合は、要介護認定の変更申請ができます。

○出所 松本市「高齢者福祉のしおり 平成24年度」

上記は「セントラル・ビオスの居宅介護支援事業所」でもお手続きさせていただきます。

セントラル・ビオスの介護サービスをお考えの方

在宅サービス
デイ
サービス
訪問介護配食サービス
介護認定が必要となります。配食サービスは介護認定が無くてもご利用いただけます。
施設サービス
介護付有料老人ホーム住宅型有料老人ホーム
介護認定が必要となります。(要支援1から要介護5)介護認定が無くても、ご入居頂けます。

現在、ご担当のケアマネジャー様がいらっしゃいましたら、その方に『セントラル・ビオスのサービスを利用したいのですが』とご相談下さい。

page top